何かを描く男性

街中を自転車で走る外国人

手元

最近、街中で自転車で疾走する外国人を目にすることが多くなりました。どこの国の人だろうと耳をすますと聞いたことのない言葉が聞こえてきます。見た目は、どうも東南アジア系の人だと思うが、どこの人だろうと気になっていました。近所に語学学校ができたのが外国人が増えた原因のようです。学校の二階から旗が見えます。やはり、アジアからやってきたようです。だが、分かったのは限られたものだけでした。
当然、近所のスーパーでも外国人は目にする機会は多くなっています。そんなある日、外国人の女性がスーパーで店員さんに尋ねていました。片言の日本語で自分はベトナムから来たので言葉がわからないと話していました。どうもパーティーのようなことをしたいのだが、食材がわからず聞いていたようです。その日は確かクリスマス・イブでした。それから一月ほど後ことです。彼女は、街中を自転車で走っていました。しかし、お年寄りがその前を通りかかると彼女は自転車と止め、お年寄りが通りすぎるのを待っていました。お年寄りが会釈をすると、彼女は笑顔で会釈を返しました。
ベトナムがどのような国か、私たちははっきりとは理解できてないのだと思います。しかし、ベトナムの人たちが一生懸命日本語学び、日本へ溶け込もうとする姿は、理解できるのだろうと思います。そして、ベトナム人が日本で必要とされる理由、それは彼ら、彼女らの人柄にあるのだろうと思います。

街中を自転車で走る外国人

最近、街中で自転車で疾走する外国人を目にすることが多くなりました。どこの国の人だろうと耳をすますと聞いたことのない言葉が聞こえてきます。見た目は、どうも東…

手元
TOP