何かを描く男性

外国人を採用するケースについて

眼鏡の女性

最近では、外国人を採用する企業が増えてきているといわれています。そこで、外国人を採用するためには、どのような方法をとっている企業が多いのでしょうか。
まず、日本での外国人を研修生として採用するというケースでは、パターンがあります。まず、一つ目に、コミュニケーターとして、外国人を研修生として採用しているケースがあります。これは、外国の法人とのコミュニケーションが主な目的として、雇い入れるケースです。外国人であるほうがコミュニケーションに都合がよいですし、外国に進出している企業において多いです。
また、日本人と同じ、一社員として外国人を採用しているというケースがあります。これは、会社においての会社員と同じ位置づけで、外国人を区別せず採用しているというケースになります。しかし、この場合、日本語がネイティブな外国人が研修生として採用される傾向にあります。
また、紹介予定派遣などでは、スキルを持っている、エンジニアなどの優秀な外国人を採用しているというケースも増えています。このように、外国人の採用といっても、その企業によって、どのような方法をとっているのか、ということが少し違いますし、パターンがあるのです。

街中を自転車で走る外国人

最近、街中で自転車で疾走する外国人を目にすることが多くなりました。どこの国の人だろうと耳をすますと聞いたことのない言葉が聞こえてきます。見た目は、どうも東…

手元
TOP